TMU Social Anthropology


研究 教育 大学院入試 社会人類学年報
  • Japanese
  • English

2022年10月28日:「海域アジア・オセアニア研究プロジェクト東京都立大学拠点キックオフミーティング」を開催しました

2022年度より人間文化研究機構「海域アジア・オセアニア」プロジェクトの拠点の1つが、東京都立大学人文科学研究科に設置されました。社会人類学教室を中心とし、今後6年間活動を続けていくことになります。プロジェクトの開始を記念して、2022年10月28日に下記の内容でキックオフミーティングを実施しました。なお、このイベントは東京都立大学南大沢キャンパスの会場とウェブ会議システム(Zoom)を併用するハイフレックス方式で行われ、計29名(対面14名・オンライン15名)が参加しました。

日時:2022年10月28日(金)17:00-19:00

プログラム:
17:00-17:05 開幕の辞 綾部真雄(東京都立大学)
17:05-17:30 趣旨説明 河合洋尚(東京都立大学)
「トランスネシア研究プロジェクトの概要と研究意義について」
17:30-18:00 発表① 横田浩一(人間文化研究機構/東京都立大学)
「潮州からみる海域アジア:想像/創造されるカテゴリーとはみだす領域」
18:00-18:30 発表② 河野正治(東京都立大学)
「フロンティアとしての島嶼世界:ミクロネシアにみる異質な人々の馴化・交錯・並存」
18:30-19:00 討論
19:00 閉幕の辞 山口 徹(慶應義塾大学)

 「趣旨説明」(河合洋尚)では、東京都立大学拠点研究を「トランスネシア・プロジェクト(略称:トラネシ)」と命名すること、海域アジア・オセアニア研究プロジェクトの意義として海域エリアにおけるボーダーレスな人・モノ・情報などの移動を検討していくことが述べられました。具体的な事例としては、客家やオセアニアのアジア系などを取り上げ、従来の空間区分では必ずしも十分に考察の対象となってこなかった地域間のネットワークや人々の移動や文化的な融合などを視野に入れる重要性を示しました。

 次に、「潮州からみる海域アジア:想像/創造されるカテゴリーとはみだす領域」(横田浩一)では、地域を越えた人の移動およびカテゴリーの想像/創造という観点から潮州を対象に台湾への移住者のエスニシティや潮州料理の形成過程などの事例を紹介しました。そして、地域を越えた人の移動や文化は特定の地域や人々に注目しているだけでは見えてこないため、地域や集団で分断せずに人やモノ・情報の移動とネットワークの形成がもたらすエスニシティや文化の変容を詳細に分析する必要があることを示しました。

 最後に、「フロンティアとしての島嶼世界:ミクロネシアにみる異質な人々の馴化・交錯・並存」(河野正治)では、西洋文化との接触や英語圏との関係に比して、アジアとの関係が軽視されてきたことを批判する近年の歴史研究の動向に触れながら、アジアのオセアニア系とオセアニアのアジア系の現状を捉える枠組みについて検討しました。さらに、近年注目されているオセアニアへの中国の進出とアメリカの覇権争いという国際政治のマクロな構図では捉えられないミクロな生活実践、すなわち多様なアジア系の人々がオセアニア住民とそれぞれの距離感をもって暮らす現場の雑多性に注目する必要があることを論じました。

 最後に総合討論が行われ、「海」というキーワードから今後どのように本研究プロジェクトを発展させるのかなど、活発な議論が展開されました。

 今後は連続セミナーなどの形で活動を続けていく予定です。

2022年9月30日:河合洋尚准教授が2022年国史館台湾文献館奨励出版文献書刊優秀賞を受賞しました

2022年9月30日、河合洋尚准教授が台湾で刊行した中国語の編著『百年往返―走訪客家地區的日本學者』が、2022年国史館台湾文献館奨励出版文献書刊 優秀賞を受賞しました。

国史館(アカデミア・ヒストリカ)の台湾文献館は、台湾関連の書物を収集・保管する国立の最高アーカイブ機関です。本賞は、最も優れた関連の学術書に贈られる、大変栄誉ある賞です。2022年に台湾で数多く刊行された学術書のなかから、本書が選出されました。

なお、本書では、本研究室OBである小林宏至氏(山口大学准教授)、横田浩一氏(人間文化研究機構/東京都立大学拠点研究員)、川瀬由高氏(江戸川大学講師)も分担執筆しています。

東京都立大学ウェブサイト記事はこちら

2022年10月16日:シンポジウム「「近代・イスラームの人類学」、その先へ」を開催

2022年10月16日、南大沢キャンパスにて公開シンポジウム「「近代・イスラームの人類学」、その先へ:大塚和夫先生の目指したもの」を開催します(社会人類学教室共催)。

参加希望の方は以下の文面の申し込みフォームよりご登録ください。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

=====================================

本シンポジウムは、大塚和夫先生のご逝去から10年が経った2019年に企画されたのち、コロナウイルス感染拡大に伴い延期されておりました。

このたびオンライン併用のハイフレックス方式にて開催が決定しましたのでご案内いたします。

今一度、人類学および中東イスラーム地域研究の視点から、先生のご研究を回顧したいと思います。

★詳細はウェブページをご覧ください。

https://islam-gender.jp/news/363.html

みなさまのご出席をお待ちしております。

大塚和夫先生の研究を振り返る会 呼びかけ人一同

 ***ご案内ここから***

「近代・イスラームの人類学」、その先へ――大塚和夫先生の目指したもの

開催日時:2022年10月16日(日)13:00~16:00(開場12:30~)

*シンポジウム後に飲食なしでの懇談会を予定しております(来場者のみ、~17:00)

開催方法:オンライン配信を併用したハイフレックス形式で開催(事前申込制)

参加申込フォーム:https://forms.office.com/r/E0S0yrT5Ai

  *参加をご希望の場合は10月10日(月)までにご登録ください。

*登録者には会場の詳細情報と招待リンク(Zoom)をシンポジウム前日までにお送りします。

◆会場:東京都立大学南大沢キャンパス

https://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

◆プログラム

13:00    開会の辞・趣旨説明:長沢栄治(東京外国語大学)
13:05    第1部:パネルディスカッション「大塚先生の研究を振り返る」

司会/研究紹介:大川真由子(神奈川大学)

登壇者:小田亮(元首都大学東京)、臼杵陽(日本女子大学)、齋藤剛(神戸大学)

総括コメント:赤堀雅幸(上智大学)

14:20    質疑応答

【休憩10分】

15:00    第2部:「大塚先生から学んだこと」~さまざまな分野から8名にお話いただきます

司会:飯塚正人(東京外国語大学)

登壇者:池田昭光(明治学院大学)、岡真理(京都大学)、亀井伸孝(愛知県立大学)、久志本裕子(上智大学)、末近浩太(立命館大学)、竹村和朗(高千穂大学)、谷憲一(上智大学)、森山央朗(同志社大学)

15:55    奥様からのお言葉


16:00    閉会の辞:綾部真雄(東京都立大学)

懇親会(飲食なし)16:00~17:00 (来場者のみ)

+++++++++++++++++++

主催:大塚和夫先生の研究を振り返る会(呼びかけ人:赤堀雅幸、飯塚正人、石田慎一郎、大川真由子、黒木英充、末近浩太、長沢栄治)

共催:科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に

   関する応用的・実践的研究(代表: 長沢栄治)

   東京都立大学社会人類学教室

   日本文化人類学会関東地区研究懇談会

◆お問い合わせ:大川真由子(m-okawa@kanagawa-u.ac.jp

***ご案内ここまで***

2022年7月8日:河合洋尚准教授が第11回三島海雲学術賞を受賞しました

2022年7月8日、河合洋尚准教授の著書『<客家空間>の生産:梅県における「原郷」創出の民族誌』が、第11回三島海雲学術賞(人文科学部門)を受賞しました。

三島海雲学術賞は、自然科学及び人文科学の研究領域において、創造性に富み、とりわけ優れた研究能力を有する若手研究者(45歳未満)を顕彰し、その研究の発展を支援することを目的としています。

三島海雲学術賞ウェブサイト記事はこちら

東京都立大学ウェブサイト記事はこちら

2022年7月12日:学術講演会「人類学を学んだ人の国際協力実践」を開催しました

2022年7月12日に下記の内容で学術講演会「人類学を学んだ人の国際協力実践:ルワンダと南スーダンから」を開催しました。

学術講演会「人類学を学んだ人の国際協力実践:ルワンダと南スーダンから」

日時:2022年7月12日(火)14時40分~16時10分(4限)

教室:東京都立大学 南大沢キャンパス1号館308室(ハイフレックス開催)

人類学と国際協力はともに現場に即した地域と人間の理解を重視してきましたが、地域社会への関与をめぐる考え方の相違から、両者のあいだには埋めがたい溝があるともいわれています。そうした認識のもと、人類学と国際協力の関係をめぐっては、人類学者の知識の「応用」に対する批判から、両者の壁を超えた新たな「協働」の模索まで、さまざまな議論が積み重ねられてきました。

その一方で、個々の職業選択やキャリア形成の面からみれば、人類学を学んだ者がアカデミックな世界以外でその知識と経験を活かせる舞台として、国際協力の世界は魅力的な選択肢であり続けています。実際に開発援助などの業界に携わっている方のなかには、何らかの形で人類学に触れた経験を持つ方が少なくありません。そのような経験をもつ専門家は、自らが過去に学んできた人類学と現在の職務とのあいだでどのように折り合いをつけ、それぞれの実践を築き上げているのでしょうか。

今回の学術講演会ではその内実に少しでも迫るべく、大学院で人類学を学んだ経験をもち現在も国際協力の現場でご活躍されている池田祐子さん(在ルワンダ日本大使館)と平田民子さん(JICA南スーダン事務所)をお招きし、お二人が人類学と国際協力の双方の世界にどのように関与しているのかを、具体的なエピソードを交えながらお話しいただきます。

プログラム:

14:30    開場

14:40    開会 

14:40-14:45 趣旨説明:小宮理奈(社会人類学教室・大学院生)

14:45-15:15 池田祐子さん(在ルワンダ日本大使館)によるご講演

15:15-15:45 平田民子さん(JICA南スーダン事務所)によるご講演

15:45-16:10  パネルディスカッション兼質疑応答

16:10    閉会

2022年5月20日:社会人類学分野国際交流イベントを開催しました

2022年5月20日に下記の内容で社会人類学分野国際交流イベントを開催しました。

東京都立大学社会人類学教室とMetropolitan State University of Denver社会学人類学教室とは、2011年以来、教室間交流をしてきました。2、3年に1回、Metro State側から引率教員2名(Su Il Kim先生、Rebecca Forgash先生)と学生10名強が来学し、社会人類学分野の教員・学生と交流しています。また、これとは別に毎年、引率教員を社会人類学の学部ゼミおよび講義にお招きし、学生向けの特別講義をしていただいています。

今回は首都大開催の交流イベントとしては2012年、2014年、2016年、2019年に続く5回目のイベントで、初めてのCOIL(Collaborative Online International Learning)ミーティングを行いました。前半はそれぞれの学生・院生による7本の発表、後半は、授業と連動してお互いの国と大学での現在について知りたいことについて聞き、ディスカッションをしました。

TMU-MSU Denver anthropology workshop

Facilitator greeting: Rebecca Forgash

Opening remarks: Dr. Akbarali Thobhani

Faculty self-introductions: 
TMU faculty self-introductions: Sachiko Tanuma, Masao Ayabe, Shin-ichiro Ishida, Masaharu Kawano, Mitsuo Sawai
MSU Denver faculty self-introductions: Rebecca Forgash, Su Il Kim, Kayoko Moore, Sanaa Riaz

Student presentations:

1) Warhammer Game Culture in Colorado (Sebastian Zajac)
2) The Juku System: A Tip to Understand Social Life of Young Japanese (Sayaka Shidara)
3) Japanese and American TV Drama Series: Socio-Cultural Contexts in Comparison (Kai Sasano) 
4) The Importance of Archaeology: Organization of Anthropology at MSU Denver (Jeffrey Sapp)

5) Demilitarizing Farming: Immigration, Agriculture, and Community in Northern Okinawa (TJ Daniel, Marissa Erickson, Sam Ross) 

6) How Have Chinatowns in Japan been Socially Produced? (Koichi JINGUJI)
7) Double Standard: Refugee, FGM and my Daily Life (Rina Komiya)

Closing remarks: Dr. Masao Ayabe

TMU-MSU Denver COIL meeting

Facilitator greeting: Sachiko Tanuma

Small group discussions: TMU grad students serve as breakout room facilitators – 

Topic 1 – Public discourses on sickness, disease in Japan and US

Topic 2 – Changing norms and understandings of gender

Topic 3 – Personal and social identity among university students

Reports from breakout rooms and general discussion

Wrap-up and closing

2022年3月22日:人文学報518-2(社会人類学分野15)を刊行しました

2022年3月22日、『人文学報』518-2(社会人類学分野15号)を刊行しました。

目次

小田亮

一揆とコミュニタス・無縁・コモン:二重社会という視点から

河野正治

それでも野外調査を見据えるということ:人類学的感性を育み続けるために

田沼幸子・深山直子

また素直に驚いてしまう:2021年度「社会人類学演習II」のインタビュー作品

浅野久枝

昭和50年まで活動した中芝居劇団 市川市蔵劇団の活動と興行形態の変遷:小芝居・中芝居劇団の活動実態

Ratana Tosakul

Female Thai Migrants in Japan and Their Claims of Morality

澤井充生

屠師はウンマの民にあらず:清真寺から消えた下刀アホンの軌跡

2022年3月16日:部局間交流シンポジウム 「多様な状況下でのフィールドワーク」を開催しました

2022年3月16日に、 東京都立大学フィールドワーク・リサーチ・ラボ企画による部局間交流シンポジウム「多様な状況下でのフィールドワーク」を開催しました。

主催:東京都立大学フィールドワーク・リサーチ・ラボ

日時:2022年3月16日(水)18:00-20:10

オンライン開催

発表者    タイトル
18:00-  開会のあいさつ
18:05-  赤尾和美(人間健康科学研究科看護科学域博士前期課程)「トゥックチャイ:ラオスにおける子どもの看取り」

18:35-  板久梓織(人文科学研究科社会人類学分野博士後期課程)「コロナ禍のフィールドワーク:ドバイとケニアの場合」

19:05-  亀井将太(作業療法士・作業療法科学域修了生)「外出に支援を要する脳卒中者が電動車いすの利用に至るプロセス:TEAによる分析から」

19:35-  フリートーク ディスカッション
19:50-  閉会のあいさつ

東京都立大学フィールドワーク・リサーチ・ラボ